猫の習性と上手につきあいながら家族になろう

子供の頃には何度かペットを飼っていたことがあります。
犬や猫、インコや十姉妹。
数えればきりがありません。
でも猫だけはペットとして家に迎えても、生後半年もすると何処かに行っていなくなってしまいました。
なぜいなくなるのか分かりませんでした。
そして大人になった今、我が家には2匹の猫が住んでいます。
兄弟猫ですが、貰って来た時期がそれぞれ違うので、お互いが兄弟だったのかという事実を覚えているかどうか分かりません。
それでも先住猫としてのプライドか、後から入ってきた猫に猫パンチをお見舞いしていました。
でも流石に兄弟猫なので、直ぐに仲良くなりましたけどね。
この2匹の猫達は、ボランティアの方に助けてもらって私たち家族に出会いました。
保護猫の譲渡会にたまたま行って、子供がどうしても我が家に迎えたいと言ったのです。
私はちょっと反対しましたね。
だって猫って今までの経験から、半年もすれば逃げて行ってしまいますから。
いなくなった時の事を考えると、悲しくて仕方ありません。
でもボランティアの方が教えてくれました。
生後半年という期間は、そろそろ大人の猫になってきてサカリの時期に入るからだそうです。
繁殖の為にオス猫やメス猫を求めて外に出て行くのだそうです。
初めてしりました。
そんな猫の習慣も知らないのに、本当にペットとして一緒に暮らしていけるか不安でした。
不安はあるけど、やっぱり見ていると愛らしくて可愛いですよね。
ちゃんと習性を理解して家族に迎えるなら大丈夫かなと考えました。
そして今では家の中を我が物顔で歩く2匹の猫がいます。
ペットに癒されながらの生活は、とにかく毎日が楽しいです。